【関ジャム】PPAPの凄さを紹介するtofubeatsさんに圧巻。音楽の分からない僕でも「スゴイ」と感じさせるプロの目線!

PPAP

この単語・・もう説明は必要ないでしょう。

Pen-Pineapple-Apple-Pen

時は2016年8月25日、YouTube上にひっそりと投下されたピコ太郎の歌うこの果物ペンの歌。

同9月末にジャスティン・ビーバーがTwitterでお気に入りと呟いたことから人気は急加速。

数日後の10月4日には1900万回、翌10月5日は5000万回を超える再生回数を叩き出したそうです。

YouTubeの公式ピコ太郎チャンネルの動画ですら現時点(2017年1月15日)で1億回を超えており、関連動画を合わせると世界で9〜10億回は再生されていると推定されています。

ボキャブラ天国以来、久しぶりに古坂大魔王を見れたことで懐かしさを味わえた人も少なからずいるのではないでしょうか。

PPAPの凄さを別の目線で語るtofubeatsさんに圧巻

僕にとって正直ピコ太郎はどうでもよい。

ピコ太郎をネタに記事を書くなんて思わなかった。

しかし・・

偶然つけていたテレビに僕はふと興味がそそられたのです。

関ジャム

テレビ朝日で日曜の夜11時15分からやっている番組ですが(HPはこちら)、

今まで一度もみたことはありません。

しかし今回のタイトルで無性に見てみたい気になったのです。

そのタイトルは

売れっ子音楽プロデューサーが本気で選んだ 2016年の曲ベスト3

これでした。

正直言うと、僕は音楽もほとんど聞きません。

だけど、音楽を創り上げるプロがどういう目線でどんな曲を選ぶのか、その思考過程に非常に興味が湧いたのです。

関ジャムの番組HPを見るとこんな内容で説明されていました。

聞き逃していません?売れっ子音楽プロデューサーが本気で選んだ 2016年のベスト10曲後半戦!!

数々のヒット曲が生まれた2016年。
しかし、まだまだ世間には知られていない名曲、聞き逃している名曲がたくさん!

前回は売れっ子プロデューサーの3人が、2016年に発表された曲の中から独自の目線で選んだベスト10曲の4位~10位を発表しましたが、内容が盛り沢山だったため急遽2週連続の放送に…

いよいよ今回は、蔦谷好位置、いしわたり淳治、tofubeatsの3人が選んだ注目のベスト3を発表!
一体どんな楽曲が選ばれるのか、その魅力をたっぷり語り尽くします!!

誰もが知っている曲からこれから注目の楽曲・アーティストまで、どんな曲がベスト3にランクインするのかお楽しみに!

恥ずかしながら音楽には本当に疎く、この3名の方々は存じ上げませんでした。

Wikipediaで調べてみると、

蔦谷好位置さんはJUJUやゆず、平井堅さんなどを誰もが知るアーティストさんを、

いしわたり淳治さんはチャットモンチーやSuperflyさんの「愛をこめて花束を」などプロデュース

tofubeatsさんはももいろクローバーZなどのリミックスを手がけているそうです。

「えっ?知らないの?」と言われてしまうような方々なのかもしれません。

でも知らないからこそ

音楽に弱い僕でも聞いてみたいと思わせる曲

そんな曲を彼らのプレゼンから知りたいと思いました。

音楽に興味のある方は彼らがそれぞれオススメする曲に興味があるかもしれません。

そちらは記事の最後に紹介しておきます。

ここで話を戻すと

tofubeatsさんが選んでいた2016年の名曲ベスト2〜10位はこちらでした。

tofubeats1

ここで僕の音楽の疎さを伝えるならば、この中で聞いたことがあるのは8位の星野源さんの「恋」だけ。それぐらい音楽には疎い僕です。

この表を見て、知らない曲ばかりだからテレビ消そうかなと思った矢先。

1位の曲を示すヒントがでました。それがコチラ。tofubeats2

うーん。。分からない。

まぁ、知らない曲だなこれは・・・

そう思った矢先に出てきた画像がコチラtofubeats3

「へ?」

一瞬そう思いました。

思い出して下さい。

1位の曲を示唆するヒントは

「ドラムマシーンの音色」と「カウベルの音量」

だったわけです。

僕自身PPAPが流行った理由は

簡単な英語で短く、覚えやすいリズムに乗せた曲でしかもジャスティン・ビーバーが呟いたからでしょ。(もちろん大流行の最大の要因はジャスティン・ビーバーの呟きだろう。)

それぐらいにしか感じたことはありませんでした。

おそらく、大多数の人がそれぐらいの目線でしかこの曲を聞いていなかったのではないでしょうか。

しかしこのtofubeatsさん、この曲を聞き、その音から使っている楽器を判断。

(ちなみにRoland TR-808(808部分をとって通称ヤオヤと呼ばれているらしい)と呼ばれるリズムマシンが使われており、ピコ太郎の影響で値段が上がるかもと2chでは早くも騒がれているらしい・・・。)

悪いヒップホップや粗野なテクノなどを好む人たちならば「ハッ」とするような通好みの楽器を選んで使用している・・・

そんなプロしか気づけないようなことにまで触れていました。

tofubeats4

素人目線から見るとPPAPはあくまでも

お笑い芸人のネタ!

しかし、音楽のプロはPPAPの

音楽の素晴らしい部分に着目し分析・評価する

そんな姿勢に

何事もプロってスゴイ!

そう素直に感心してしまったのです。

何度も言いますが、僕は楽器のことは何も分かりません。もしかしたら有名な楽器で聞く人が聞けば分かるのかもしれませんが

どんなものに対してもプロというのは素人にはない目線で物事をみる

このことの重要性を感じさせてくれたような勉強になる内容でした。

実際にこの関ジャム内では、ピコ太郎こと古坂大魔王さんにこのtofubeatsさんの分析が本当かを尋ねていました。

するとカウベルにこだわりがあるのも本当で、使っている楽器も正解。

そして更に・・

tofubeats8 tofubeats9

カウベルの音量の弱さをカバーするためにカウベルの裏にスネアドラムを重ねるという工夫もしているのだそうです。

tofubeats6

こう説明を書いていますが僕自身はほとんどよく分かっていません。

でも一言言えることは、

ピコ太郎さんも音楽に対して情熱を持って作り上げていた。

そして、

情熱を持って作り上げていなければジャスティン・ビーバーも呟かなかった

・・・のではないか。

これに尽きるかと思います。

誰か早く関ジャムの1月15日分の放送をYouTubeにアップして

音楽に詳しい方ならもっと面白く記事を書いて伝えることができたはずなのに。

そう思えるぐらい、このテレビは面白いと思いました。

記事を執筆している現在(16日時点)では、まだ1月15日分の放送はアップされていませんが、多くの方が動画をアップするはずなので興味がある方は見て欲しいなと思います。

(テレビ番組を違法にアップロードして収益を上げている人を応援するわけではないのだけれど・・)

内容を早く知りたい人は次の記事に記載しましたのでコチラをご覧ください。